原子力発電の燃料として使われるプルトニウムは核兵器製造の有用性、発がん性、そして高コストという三つの理由で議論の余地がある燃料である。それにもかかわらず、伝統的な「熱」の原子力原子炉で、これを主燃料として使用することについて公に利用可能な情報は、比較的少ない。

「Plutonium for Energy(エネルギーのためのプルトニウム)」は、伝統的な軽水炉に使用されたプルトニウムとウランをすべて含む「混合酸化物(MOX)」燃料に関する最初の比較研究プロジェクトである。このプロジェクトは、混合酸化物(MOX)燃料を製造あるいは使用した経験がある7つの主要な国、ベルギー、フランス、ドイツ、日本、オランダ、スイス、イギリス、の燃料製造と混合酸化物(MOX)燃料の使用について研究する。また、この研究では、セキュリティ、経済、安全、環境、民衆の受け入れの面で各国の経験を調査する。研究の主な目的は、日本、中国、そして韓国を含む東アジアで現在進行中のエネルギーのためのプルトニウムリサイクルするかどうかの意思決定に情報を提供することにある。

プロジェクトの最終レポートには、研究全体の結果と7つのケーススタディが含まれている。 Alan J. Kuperman教授は、アメリカ、オースティンのテキサス大学からの7名の大学院生と7カ国のすべてのフィールド調査を含む1年間のプロジェクトをリードしています。 このプロジェクトは、John D. and Catherine T. MacArthur Foundationからの助成金によって支えられています。


Website design by Yeo-Ri Kim